ただ読むだけでは・・・

来週読み聞かせをする

“The Ugly Duckling” (みにくいアヒルの子)。

目下準備中ですが、

このストーリー、

ただ読むだけではダメな気がしています。

 

人が醜いと感じるのは、

見たことがない、ほかの人と違う、

自分の価値観と違うものを受け入れられないから。

いったいどう対応すればいいのか?

いま世界で最も問われてる課題ではないでしょうか?

 

そんな思いに何かヒントをもらえるような気がして、

映画「ワンダ、君は太陽」を

見てきました。

 

遺伝子のいたずらで、醜い顔で生まれてしまった少年。

ずっと自宅学習で学んでいたのを、

5年生になって、はじめて学校に入学する。

最初、まわりは予想通りのリアクション。

家族、学校に見守られ

少年は少しずつ自分の居場所を獲得していく。

友達も、少年を知っていくことで

自分と同じだとわかっていく。

少年もまた、

悩みや苦しみは何も自分に限ったものじゃない。

みんなそれぞれ何かを抱えているんだと気づく。

 

異質さに壁を作らない、寛容な価値観を

大人は育てていかなければと思いました。。

まず自分がそう心掛けなくては~。

読み聞かせのときに

子どもたちに是非紹介したいです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

寺子屋プラス・Kids English レッスン日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スケジュール
寺子屋ブログ
ページ上部へ戻る