99才まで生きたあかんぼう

この本は何歳を読者を想定しているんでしょう!

というか、何歳でも楽しめる本ではないかと思います。

見開き2ページがその歳のおはなしになっています。

0歳から始まり、

ページとともに1歳ずつ年を取ってお話が進み、

最後は99歳

 

その歳の世界の広さ、その年ならではの悩み、

少しずつ流れていく時間が、やがて積み重なって

気がついたら大きな川の流れになってるのことに気づく。

ある一人の人物の人生ですが、

そこに普遍性が感じられ

思わず人がいとおしくなってしまいました。

人は歳を取ってはいきますが

その歳を経験するのはだれもが初めて。

だからいつまでも「あかんぼう」ということなんですね。

 

本のレビューにも書いてありましたが、

私も初めて手に取ったとき、まず自分の今の歳のページを開いてしまいました。

こんな読み方ができる本て珍しいですよね。

とても読みやすい本です。

 

関連記事

寺子屋プラス・Kids English レッスン日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31  
スケジュール
寺子屋ブログ
ページ上部へ戻る