今年のマイベスト映画

映画を見るのが好きです。

WOWOWで主に見るので、ちょっと前の最新映画が多いです。

今年は50本くらいでしょうか。

いろんなジャンルものを見ます。

*「サンドラの週末」「マイインターン」

この辺は実力俳優の力がモノを言っている映画でした。

「サンドラの週末」は自分をクビにする方に投票しないでと

一件一件同僚を説得に回るだけなのに、

マリオン・コティヤールの内気で不器用ながら

切々と訴えていく表情がすばらしかった。

「マイインターン」はアン・ハサウェイがキラキラしていた。

もちろんロバート・デ・ニーロも~。

*「ブリッジオブスパイ」

ストーリー、構成、演出、それからトムハンクスの演技

どれをとってもハイレベルで格調が高く、安定のクォリティー。

トム・ハンクスが弁護したソ連のスパイが,

何度か「怖いか?」と聞かれるたびに

淡々と応えた

“Would it help?”  それ(恐怖)が役に立つか?

が忘れられない。

*「はじまりのうた」

新しいことをみんなで始めるワクワク感があり、

見終わったあと、とても前向きになれる映画。

*あまりメジャーではなかった(?)もので面白かったのは

「プリデスティネーション」

SFタイムトラベルの短い映画だが、意表をつく構成がとても面白く

イーサン・ホークとジョディー・フォスター似の女優さん(熱演!)との

酒場での会話がすばらしかった。

*日本映画では「海街ダイアリー」

「あん」とタイプは似ているけれど、こちらのほうが好み。

主役の4人の女優さんにみずみずしさと

風吹ジュンの演技が輝いていました。

でも今年見た日本映画ナンバーワンは「隠し砦の三悪人」。

久しぶりに見ましたが、全く色あせていなくて

躍動感に満ち溢れていました。スターウォーズの原点ここにあり。

*最後に今年ナンバーワンを~

ナンバーワンといっても二つあります。

「ブランカニエベス」「マシューランド」

どちらもスペイン映画特集でWOWOWでやっていたもので、

結果的にスペイン旋風が吹き荒れてしまいました。

「ブランカニエべス」は文字通りスペイン語で白雪姫のこと

お馴染みのストーリが

闘牛を交えてスペイン情緒たっぷりで描かれます。

しかも、セリフはみんな口パクで、後に画面に字で表示される

無声映画の構成がもしろい。

一見レトロな形式ですが、センスはとても斬新。

人々が闘牛場に集まっていくところを遠景で捉えたシーンは

とてもスタイリッシュでした。

白雪姫を演じた女優さんは新人らしいですが、

目ヂカラがあってとてもチャーミング。

「マシューランド」は

若い女性の惨殺事件を淡々と追う二人の刑事の話。

生々しくはないけれどちょっと陰惨なシーンがあり

基本的にはそういうものを好みではないのですが、

登場人物だけでなく、そこの気候や風土までが

どんよりとした雰囲気の中で

意味を持って演出されているところが

なんとも捨てがたい魅力で(オープニングのまだ作品紹介の字が

出ているところからもうそれは始まっています)

見終わったあとも忘れられない強い印象が残りました。

知らない役者さんばかりでしたが演技も素晴らしかった。

「土臭さの中にあるスタイリッシュ感」

これが、これら2本の映画の印象です。

以上です。また来年もいい映画と出会えますように~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

寺子屋プラス・Kids English レッスン日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スケジュール
寺子屋ブログ
ページ上部へ戻る