バベルを拝みに

バベル展、期間終了ギリギリでしたが

何とか昨日見に行けました。

入場10分待ちならまあまあですかね。

 

あまり大きい絵ではないと聞いていましたが、

その中に描かれている世界の実に壮大なこと

神々しいほど輝いていました。

天まで届こうとする人間の冒涜に

神の怒りを買ってしまった塔なのに、

むしろ人間の憧れや、

無限の空へと広がる未来の夢を

象徴しているように見えました。

旧約聖書では、この塔をきっかけに

それまで世界に1つだった共通語のが

多様な言語が生まれ

スムーズなコミュニケーションが

阻まれてしまうわけですね。

そして生徒たちの苦しみも始まった!?

 

とはいえ、もしバベルの塔がなかったら

そもそも私の行っていた大学は存在しなかったことになる?

私にとっては、ある意味ありがたい、感謝すべき塔ですね。

そんなわけで、いっぱいの感動を胸に秘めつつ

しっかり拝んできました。

 

 

 

関連記事

寺子屋プラス・Kids English レッスン日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スケジュール
寺子屋ブログ
ページ上部へ戻る